ABOUT PERVERZE

Established in Tokyo in 2016 by an anonymous collective of young creatives, PERVERZE is both a fashion brand and a project which transforms the genuine affection of 80/90s vintage wears produced in pre-mass production era into a collection of streetwear that reflects spirit and style of today’s people.

PERVERZE is a combination of the words “perverse” and “squeeze”, implying the contrariness and the strong-willed rebelliousness.

In 2018, PERVERZE launched PERVERZE PHOTOGRAPHY, a photography project which comprises publishing and exhibition in collaboration with photographers and worked together with Toyin Ibidapo, Sunny Suits and Kira Bunse.

PERVERZE has also created photographic works with artists such as Hanayo, Sakiko Nomura, Fish Zhang, Dasom Han and individuals such as Rila Fukushima, Rina Ohta, Syuri, Rina Fukushi, Yuka Mannami, Manami Kinoshita, Ahreum Ahn.

PERVERZEは、2016年に東京を拠点に活躍する若手匿名クリエイター集団によって設立されたファッションブランドであり、プロジェクトである。大量生産時代突入前である80・90年代に作られたビンテージウェアへの敬意を、現代的な精神とスタイルを反映したストリートウェアのコレクションへとアップデートしている。

PERVERZEは、「perverse」と「squeeze」という単語を組み合わせて作られた造語であり、矛盾と意欲的な反抗を意味する。

2018年には、写真家と共同で出版および展示を行うプロジェクトであるPERVERZE PHOTOGRAPHYを立ち上げ、これまでにToyin Ibidapo、Sunny Suits、Kira Bunseと共に作品を発表している。

その他にもアーティストの花代、野村佐紀子、フィッシュ・チャン、ハン・ダソムらとともに、福島リラ、太田莉奈、趣里、福士リナ、萬波ゆか、木下まなみ、アン・アルムなどを被写体にヴィジュアルを作り上げている。